構造材オール天然乾燥ひのき 天井高3.3mの家

 

お施主様の理想がかたちになりました

 

   構造材はすべて天然乾燥材のひのきを使用。

   その材料を大工が墨付け手刻みで加工。

   床は無垢材、壁は内装、外装ともにしっくい仕上げ。

   建具の多くは建具屋手作りのオリジナルです。

   洒落たたたずまいでありながらも職人の手間暇が掛けられた家が完成しました。

構造材

 

 

 

ゆずれないこだわり。

家造りを大工に頼むのならば野物丸太を使いたい。

そんなご要望に応えるためひのきの化粧野物丸太を採用。

お施主さんが選別
こだわりのひのきの化粧野物丸太ですからお施主さん自身が選択されました。
お好み
木目、曲がり、太さ、金額などを考慮しながら選別しました。
小節
節も少なく木目も曲がりもきれいなひのき材が選択されました。
圧巻
作業場で見る野物丸太の存在感にしびれます。
ひと皮むけば
汚れていた木材も一皮むけばこんなにきれいな肌が現れます。
刻み
化粧丸太はねじれやすいのでその対策として結合部の加工を工夫します。
木目
最後にかんなを掛けて仕上げます。中にはこのような変わった木目が浮かび上がるものあり目を楽しませてくれます。
角梁
四角い梁は天然乾燥材のひのき材。色が汚いですが・・・
赤身
そんな汚れた肌も一皮むけばこんなにきれいです。
骨太
120mm幅のひのき梁ですから強度が違います。
艶肌
良い木材は見た目もきれいなものですよ。
墨付け
すべての材料をチェックして墨付け、加工するのが大工の家造りです。
ひのきの天然乾燥材 4mひのき柱
柱本来の姿である芯挽き(のこぎり目、割れ目)が施された長さ4mの素晴らしい天然乾燥ひのき柱です。
ひのきの天然乾燥材 土台
家を支える土台ももちろんひのきの天然乾燥材です。
屋根材
屋根を支える材料もひのきにこだわりました。
筋かい
斜めに施工された筋かい。地震から家を守る部材もひとまわり大きなひのき材を採用しました。

梁組み

 

 

 

天然乾燥材の3.3mひのき柱と120mm幅ひのき梁

 

 

4mの柱を採用してこの高さを実現しました。

梁も骨太の120mm幅のひのき梁を採用。

圧巻はひのきの野物化粧丸太の梁組み。

大工が墨付けをするからこそ実現出来る梁組みです。

土台
土台とは基礎コンクリートの上に設置された部材です。家を支える大事な役目の土台には天然乾燥材のひのきを採用しました。
ひのきの天然乾燥野物丸太
今回使用した野物丸太はすべて化粧材(完成後も見える)ですのでひのきを採用しました。
リビング
予定ではリビングの天井のみに施工予定でしたが・・・
キッチン
お施主様が材木屋さんで見た野物丸太が気に入ったためキッチンにも施すことになりました。
梁&柱
天然乾燥材の3.3mひのき柱で天然乾燥材の梁を支えます。
梁組み
構造材はすべてひのきの天然乾燥材で造られています。
工夫
雨を流すための水路も作り大雨でも安心な造りとなっています。

造作

職人の手間で造られる

 

 

見た目は今風ですが大工を始め、左官、板金、タイル、建具、などの手間が掛けられています。

選別
本当の無垢材ですので既製品の新建材のように箱から出してすぐに施工するというわけにはいきません。
ヒバの無垢板
床板はめずらしいヒバの無垢材を使用。ですからすべての材料をチェックして選別します。
AAランク
きれいなものは人目に付くところに施工します。よく見てください、これが貼り合わせたものではない本当の無垢材ですよ。
Aランク
少し木目が悪いものはAランクとして居室に施工。それでも充分にきれいなものですよ。
Bランク
木目にムラがあるものは人目に付かない納戸に使用。とはいえ納戸に使用するにはもったいない品質です。
窓枠
窓枠にはひのきの無垢材を使用。
カウンター
カウンターに使用するのは無垢のひのき材。汚いですが・・・
ひと手間
ひと手間加えればこのように生まれ変わります。無垢材は手間が掛かる材料なんですね。
階段
プレカットの階段もありますがとても高額なので・・・
ひのきの無垢板階段
大工が造ればこんなにきれいなひのきの階段でもリーズナブルです。
手造り
洗面台やトイレのカウンターも大工の手造りですのでお施主様のイメージ通りに仕上がります。
建具枠
建具は建具屋さんが作りますのでデザインはお好み通り。枠は大工が造りますので大きさもお好み通りになります。
本棚
奥さまのご要望で本棚も製作。ほんのついで仕事です。
外壁左官仕上げ
外壁は左官によるしっくい仕上げなのでまずは大工が木下地を造り・・・
金網張り
下地を塗るための金網を専門業者が施工。
下塗り1回目
モルタルを左官さんが施工。
2回目下地
2週間後に2回目の下塗り。この状態にしてからさらに1週間乾燥させてようやくしっくいの施工となります。