完成写真
和風住宅


材料から細部にまでこだわったお宅が完成しました。

材料からこだわると自然と和風住宅となりました。

そして昔ながらの職人が造る家が出来ることを再確認させてくれました。

大工を始め、左官、板金、タイル、建具、畳など昔ながらの職人の手間が掛けられた完成写真をご覧ください。

内装

天井と床には杉とひのきの無垢材を使用。

壁は杉板及び左官仕上げ。クロスは一切使用していません。

自然素材、自然塗料で仕上げた内装です。

 

杉いっぱい
床も天井も壁もすべてが杉。
塗り壁
壁は塗り壁です。なんとお施主さんご自身が立派に仕上げました。
カーテンボックス
2階のカーテンボックスは杉、1階はひのきで造りました。
いごこち
見たからに居心地が良さそうでしょう?ネコを飼ってるそうなんですがこの部屋からあまり出ないそうですよ。
机と棚
集成材は使用しないで机はイチョウ、棚は杉で仕上げました。
階段
階段の天井も壁も杉板。階段は木曽ひのきを使用。
手すり
なんと手すりもひのき。私が角材を削って作りましたよ。なかなか評判がよろしくて・・・
2階廊下
とにかく杉のオンパレード。
2階廊下
こちらから見ても杉だらけです。
1階リビング
1階はひのきがコンセプト。腰壁も施工しました。
天井
天井にはひのきの無節材を使用
玄関
ひのきがたくさんです。
建具
建具はすべて建具屋さんが作りました。1階は無垢材を使用してもらいました。
和室建具
一見、普通の建具。
全開
しかし建具を右に寄せることができますので、外の景色が良く見え明るい部屋になります。
小窓
小さな建具がはまっている建具枠は少し洒落てみました。

水まわり

水まわりで気になるのが湿気と床の汚れ。

この問題を解消させるための仕上げとなりました。

 

キッチン
キッチンの床は拭き掃除がしたいとのご要望でタイル仕上げにしました。食器棚は私が作りました。
1階トイレ
1階トイレは2畳と広々。こちらの床もタイル仕上げで拭き掃除ができます。これで汚れも気になりませんね。
2階トイレ
2階のトイレも2畳と広いのですがこちらには洗面台を併設しました。1階のトイレと同様に天井も壁も杉板仕上げ。湿気もにおいも気になりませんね。
脱衣所
脱衣所の床は一見床板仕上げ。しかしこれもタイルなんですよ。いつまでもきれいでいられます。
杉板仕上げ
脱衣所も天井、壁ともに杉板仕上げ。湿気のある水まわりには特に適していますね。

収納

収納のテーマは棚。

たくさんの棚が欲しいというご要望にお応えしました。

収納室
収納室として使用するにはもったいないくらいの仕上げです。もちろん収納力は充分です。
収納
この部分の棚には残念ながら集成材を使用しました。苦渋の決断でしたがこの幅の無垢材となるとなかなか・・・
キッチン、リビング
キッチン側には食器入れを作りました。
リビング
机に使用したものと同じイチョウの木で収納を作りました。
キッチン奥
キッチン奥のスペースにも棚が。
杉板
無垢板で対応できるところは安易に集成材は使用しませんでした。
階段下
階段下にも省スペースの棚を作りました。
階段下
反対側にも収納場所を確保。
靴置き場
玄関横には靴用の棚を設置。天井まで棚を作りましたので収納力はすごいです。

外観

 

壁は伝統的な左官工法・かき落としリシン仕上げ。

屋根を大きく張り出し、玄関ひさし、霧除け、ベランダを設置して雨から家を守ります。

 

玄関
ヒバとひのきでひさしを造り、屋根と雨どいは銅製、床は御影石で洒落ました。
外観1
西側の玄関に対し、北側、東側にも霧除けを設けました。日本家屋らしく屋根の軒を張りだし、外壁はかき落としリシン仕上げと洒落ました。
外観2
ひさし代わりにベランダを出しました。雨や強い夏の日差しから家を守ります。
ベランダ
ベランダの出入りがしやすいように昇降式にしました。低い壁をまたいで出入りするのが一般的ですがとても不便ですので・・・
ルーバー
ルーバータイプの腰壁なので通風がうれしいですね。気になる目線もシャットアウト!デザイン、機能ともに◎
格子飾り
屋根裏の換気口を隠すための格子ですが、和風住宅に一花添えている印象に仕上がりました。
郵便受け
日々の生活にとても便利な新聞受けです。玄関扉を開けなくても新聞が取り出せるだけのことですが毎日のことなので想像以上に便利なものです。
通風玄関引き戸
引き戸は使い勝手が良いですね。旋錠したままでも通風が可能なのはとても便利で安心です。
電気メーターボックス
メーターボックスも洒落れば外観を損ないません。